ニュース

代表木内が「起業して5年間フルリモートを継続させた3つコツ」を公開

マンツーマンオンラインプログラミング塾「侍エンジニア塾」を運営する株式会社侍(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役 :木内 翔大)は、創業から5年間フルリモートで組織運営を続けてまいりました。4月7日(火)に発令された緊急事態宣言を受け、リモートワークに移行する企業が増えていく中、リモート下での組織運営に少しでも役に立てればとリモートワーク3つのコツを公開しました。

リモートワークのコツ:https://note.com/samuraiengineer/n/ne5add9bf9b7b

侍エンジニア塾:https://www.sejuku.net/

 

■従業員50名規模(業務委託合わせて300名)でのフルリモート経験から得られた3つのコツを公開

 

株式会社侍では、創業より5年間フルリモートでの組織運営を続けています。従業員50人規模(業務委託を合わせると300人規模)でのフルリモートを長期間実施している企業は少ないと感じる中、古リモート経験から得られた3のコツを公開し、リモートワークを導入した企業様や現在リモートワークを検討している企業様に少しでも役に立てればと考えています。

 

■多くのトライアンドエラーから得たリモートワークの3つのコツ

 

リモートワークの3つのコツは、「マインド編」、「ツール編」、「システム編」の章立てして公開しています。

 

「マインド編」では、「リモートワークでも会社は成り立つ、うまくいく!」というマインドセットを構築するために、おすすめのリモートワークに関する本をご紹介しています。

 

「ツール編」では、リモートワークをスムーズに実行するために、オフィス外でも全ての業務を完結できるようなツール設計をしています。株式会社侍として、様々なツールを試してきた中で、しっくりきたツールをご紹介しています。

 

「システム編」では、フルリモートでも滞りなく事業運営をしていくための社内システム(全社共通で導入している人事制度や取り組み)について取り上げています。

 

「社内システムも常に変化しアップデートされるべき」という前提のもと、これまで組織の規模やフェーズに合わせて色々な施策を実践してた中で、現時点で社内で定着している代表的なものを紹介しています。

 

特に、3月よりリモートワークを導入した企業の方々から、「コロナ疲れ」や「自粛疲れ」が聞こえはじめています。株式会社侍ではリモートワークによる閉鎖感・閉塞感・コミュニケーションの不足が”コロナ疲れ”によるストレスに繋がっているのではと考えています。そのようなストレスへの緩和策として、定期的にメンバーとのコミュニケーションや評価・称賛する文化を作ることで、その閉鎖感や閉塞感を緩和していたコツについても説明しています。

 

今回公開させていただいたリモートワーク3つのコツにより、リモートワークを導入している企業様、現在リモートワークの導入を検討している企業様に少しでもお役に立てれば幸甚です。

 

■会社概要

企業名 株式会社侍

代表取締役 木内 翔大

設立年月 2015年3月19日

資本金 110,000千円 

所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目11-1 Gスクエア渋谷道玄坂 4F

事業概要 プログラミング学習サービス